前へ
次へ

個人も通販ショップを開ける

ネット通販は、インターネット上に専用のお店を開くためにいくつかの手続きが必要になります。
それが個人であっても事業主ですから、税務署に届出しなければなりませんから、本格的な商品販売でなく、スマホで手軽に出品できるフリマで収入を得るのが理に適っている場合もあります。
利益が出た場合には、税金を支払う必要もあります。
もちろん、取り扱う商品によっては、法律に基づく営業許可や免許が必要になる場合がありますから、扱いたい商品が許可や届出、免許などを必要としないかを事前に調べておきましょう。
例えば、海外からのサプリメント(ジェネリック版の薬剤など)、所有するにも届出が必要になる日本刀などです。
実際にネット通販ショップを開く際、ショッピングサイトを作成する必要があります。
その方法はいくつかありますが、国内最大級のオンラインショッピングモールに出店する方法、ネット通販構築サービスを利用する方法、そして自分でイチから構築する方法がありますが、扱う商品の数によっては無料のネット通販構築サービスはおすすめです。

Page Top